売れるチラシの作り方の教科書

本ブログでは、売れるチラシの作り方の観点を中心ご紹介します。売上アップや集客力向上に繋げたい方や、理想のターゲットの見つけ方・成約率を上げるための対策 、独自の売りを発見する方法など、業績アップにつながる売れるチラシの作り方のヒントや着眼点を提供していきます。




塗装業者 会社案内デザインの作り方

最近、新規顧客が獲得できないと悩んでいませんか?今回は塗装業者の会社案内デザインの作り方についてご紹介します。モノを売らずにコト(メリット)を提供するといった視点で、考えてみましょう。

f:id:chirashiconsaru:20181028212421j:plain

 

1.まずは今回の会社案内の対象者(ターゲット)を明確にしましょう。


例えば、「最近、屋根の劣化が気になっている方へ」「しっかりとした地元の塗装業者をお探しの方へ」「アフタフォローもしっかりしている外壁塗装専門の業者をお探しの方へ」など、悩みや欲求(なりたい)のカテゴリーで考えてみましょう。

2.もし、あなたへ(塗装会社)依頼した場合、どんなメリットがあるのか?を書きましょう。


もし依頼(相談)した場合、どんなメリットや未来(なりたい)を実現できるのか?を書きましょう。例えば、「まずは現状の屋根の状態を診断してみませんか?」や「地元のプロ職人が仕上げる〇〇塗装店に相談してみませんか?」などお客様のメリットとなる要素を記載しておきましょう。

3.会社概要を記載しておきましょう。


文字通り、会社案内ですので、会社の概要、社名の由来、沿革、取引実績・施工実績やメディア実績などを記載しておきましょう。またあなた(管理者)の挨拶なども顔写真付きで入れておきましょう。その他、事前にあなたの世界観も含めた挨拶動画を用意し、QRコードからリンクされるのも良いでしょう。また個人で経営されている場合は、あなたのプロフィールや経歴・実績などを記載しておきましょう。

4.あなたの塗装会社をおすすめするポイントや特長を書いておきましょう。


他の塗装業者と比べて、どこが違うのか?どこにこだわりがあるのか?
お客様側から見たメリットを3つほどピックアップしておきましょう。
できれば、実際に相談に乗っている姿や相談の雰囲気がわかる写真なども入れておきましょう。

5.相談(施工)内容を明確に書いておきましょう。


具体的にどんな内容の相談ができるのか?まずは相談するにはどうしたら、良いのか?を知りたいと思っています。なるべくイメージしていただけるよう、例えば、無料相談でしたら、ステップ1~3など手順を見出しや箇条書きを用いて記載するようにしてください。また参考事例の写真も掲載できるようでしたら、3つ程度ピックアップしておきましょう。
ビフォー&アフターの事例写真を掲載しながら、施工サービスを紹介するのも良いでしょう。

6.あなたのサービスにおいてよく聞かれる質問を書いておきましょう。


例えば、

 

Q:まずは相談だけでも大丈夫ですか?

Q:見積もりは無料ですか?

Q:見積もり後、お断りしても大丈夫ですか?

Q:ご近所への挨拶はしていただけるのでしょうか?

Q:ペンキ塗料が隣のお家に飛んだりしませんか?

Q:まずは相談だけでも大丈夫ですか?

Q:もしお願いした場合、どれくらいの日数がかかりますか?

 

などあなたのサービスに関してよく聞かれる質問を書いておきましょう。

口で言うのと、紙で書いてあるのでは、信憑性が異なることや、後で言えば言い訳やクレームになりやすいことも、先に言えば説明・案内になりますので、なるべく記載しておきましょう。スペースの都合上、難しいようであれば、ホームページなどに記載しておきましょう。

 

7.相談(フロントエンドオファー)の利用方法・申し込み方法を記載しておきましょう。


まずは敷居が低い無料相談や現場診断会、失敗しない塗装業者選びのポイントセミナーなど、フロントエンドオファーを用意しておきましょう。また「事前予約制ですので、お電話にてお申し込みください」など、具体的な連絡手段等を記載しておきましょう。

8.連絡先情報を書いておきましょう。


住所・営業時間・定休日などの基本的な店舗情報を記載しておきましょう。可能であれば事務所の外観なども入れておきましょう。

 

以上、塗装業者の会社案内デザインの作り方についてご紹介しました。
今すぐに必要ではない方もいらっしゃいますが、興味がある方は、あなたの会社のホームページや評判を確認しに来ますので、検索キーワードやアクセス解析等も、必要に応じて実施・検証してくださいね。