売れるチラシの作り方の教科書

本ブログでは、売れるチラシの作り方の観点を中心ご紹介します。売上アップや集客力向上に繋げたい方や、理想のターゲットの見つけ方・成約率を上げるための対策 、独自の売りを発見する方法など、業績アップにつながる売れるチラシの作り方のヒントや着眼点を提供していきます。




広告の反応を高めるための3つのポイント(フィットネスクラブ編)

今回は、最近、
「なかなか広告の反応がよくない」といった
ご相談が増えてきておりますので、

・広告の反応を高めるための3つのポイント
(フィットネスクラブ編)

についてご紹介いたします。

 

・現在の広告を見直し、
 できることなら、反応率を高めていきたいとお考えの方

 

・現在の広告の

   どこを見直せばよいのか?と、ご検討中の方

 

・せっかくなので、広告からの
 お問い合わせを増やしていきたいとお考えの方 

の参考になれば幸いです。

 

 

f:id:chirashiconsaru:20190829073526j:plain

 

 1.「全力でサポートします!!!」

 

意外と真面目な方(会社様)ほど、
この「全力」という言葉を使いがちです。

 

もちろん、「全力でサポートする」ことは、
大切なことですが、お客様から見ると、
その「全力」は伝わっていますでしょうか!?

 

「全力」の受け止め方は、人それぞれなので、
まずは共通認識となりやすい、
「数字」を使って表現してみてください。

 

例えば、フィットネスクラブの場合ですと、

 

・あなたの「痩せたい!」には、
 3ヵ月間の朝・昼・晩(3回×90日)の、
 合計270食分のカロリー計算等、
 リバウンドしないような食事・栄養管理
 の習慣・環境をサポートさせていただきます。

 

・当社ではご入会日より、

    お客様の意気込みレベルに応じて、
 毎朝7時に3分程度ではありますが、

    音声によるダイエットのコツを

    3ヶ月間連続で配信させていただきますので、
 ダイエットに意識が集中できます。

 

など、極端な例ですが、

「全力」を「数値化」していただき、

 

・「へぇ~なるほどね~
  そうやってサポートしてくれるんだ~」

 

とイメージしていただけないか、
確認してみてください。

 

またお客様からすると、
「全力で!」と言われても、
内容によっては、ちょっと怖く感じますので、
「全力」という表現を変えられないか?

あなたの商品・サービスの価値を
正しく伝えるためにも、
よろしければ、一度検討してみてください。


2.「イメージ写真が外国人である」

 

よくフィットネスクラブ等にありがちですが、
イメージ写真として外国人を活用されている
ケースが見受けられます。
(外国人が悪いという意味ではありません)

 

もちろん、プラスのイメージ効果もありますが、
特にチラシであれば、基本的には新規のお客様、
別の言い方をすると、「初心者」を対象に
戦略を立てられていることが、多いと思います。

 

・初心者に来てほしい!
→スラッと引き締まった外国人!?

 

・スラッと引き締まった外国人
→初心者に来てほしい!?

 

と、対象者=訴求内容が、
一致しにくいかと思います。

 

ご存知の通り、広告は書いた通り、
訴求した通りの方が来られます。

 

例えば、


「どこよりも安く!!!」と書いてあれば、
「どこよりも安く!!!」という方が


訪れます。

 

ですので、話が戻りますが、
初心者の方(お客様)からすると、

 

・「自分が行ったら恥をかきそうだ」

 

という「敷居の高さ」を感じやすくなりますので、
あなたが活用されているイメージ写真は
訴求内容・対象者と一致しているか?といった視点で、
よろしければ、確認してみてください。


3.「商品・サービスの説明になっている」

 

こちらも真面目な方ほど、
自社の商品・サービスの説明が、
中心に書かれている傾向にあります。

 

もちろん、大切なアピールポイントではありますが、
誤解を恐れず申しますと、
お客様は商品名やサービス名には、
あまり関心がありません。

 

お客様が関心のあること・・
それは・・

 

・自分がそれを購入したらどう良くなれるのか?

が知りたいと思っています。

 

ですので、以前にも少し触れましたが、

 

・この商品・サービスは~!!ではなく、
・この商品・サービスを使ったあなたは~!!

 

というお客様が主語になっているか?といった視点で、
お忙しいとは思いますが、簡単で結構ですので、
確認してみてください。

 

ということで、
今回は、広告の反応を高めるための3つのポイント
(フィットネスクラブ編)についてご紹介いたしました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

・現在の広告を見直し、
 できることなら、反応率を高めていきたいとお考えの方

・現在の広告の
 どこを見直せばよいのか?と、ご検討中の方

・せっかくなので、広告からの
 お問い合わせを増やしていきたいとお考えの方 


の参考になれば幸いです。