売れるチラシの作り方の教科書

本ブログでは、売れるチラシの作り方の観点を中心ご紹介します。売上アップや集客力向上に繋げたい方や、理想のターゲットの見つけ方・成約率を上げるための対策 、独自の売りを発見する方法など、業績アップにつながる売れるチラシの作り方のヒントや着眼点を提供していきます。




自社の強みを言語化する3つのヒント

今の時代、ご存知の通り、モノやサービスで溢れています。

ですので、基本的に、あなたの商品やサービスにおいても、
類似商品やサービス(競合他社様)の存在があると思います。

 

では、もし、新規のお客様から、
「すみません、単刀直入にお伺いしたいのですが、
 あなたの商品やサービスは、他と何が違うんですか?」

と聞かれた際に、何と答えますか?

 

もし、「ん~なんだろうな・・」と思う場面がある方や、

その他に、

・自社の強みを明確にしていきたい方
・自社の強みを言語化していきたい方
・自社の強みを活かして売上を上げたい方は、

下記を参考にしてみてください。

 

 

f:id:chirashiconsaru:20180714184413j:plain

 

 


「要するに」を用いて言語化する。

 

 

 

・ズバリ!要するに、他と何が違うのか?

・ズバリ!要するに、何にこだわっているのか?

・ズバリ!要するに、どんな価値観にこだわっているのか?

・ズバリ!要するに、どんなところがポイントなのか?

・ズバリ!要するに、どんな特徴があるのか?

 

といったことに対して、書き出してみてください。

 

この「要するに」というところが、
ポイントです。ここに、

 

・一番売りにしている言葉
・一番伝えておきたい言葉
・一番こだわっている言葉

 

など、自社が考える「強み」が凝縮された言葉が入りますので、
ぜひ活用してみてください。


お客様を喜ばせるために「工夫していること」を言語化する。

2つ目は、モノの価値より、

「お客様を喜ばせるために」工夫している、

 

・ポイント
・こだわり
・違い
・方針
・特長など

 

を、箇条書きにしてみてください。

 

よくわからないなぁ~という方は、

「大したことではないけど、たぶん、他ではやっていないこと」

を書き出してみてください。


お客様が選んだ理由をそのまま言語化する。

過去に購入してくださったお客様へ、

 

「他にも似たような商品・サービスがある中で、
 何が決め手となって当社の商品・サービスを
 ご購入いただけましたか?」

「他にも類似店・類似商品・サービスがある中で、
 何が決め手となって当社の商品・サービスを
 ご購入いただけましたか?」

 

と直接、聞いてみてください。

 

そこに、
お客様側から見た「自社の見え方」があり、

 

そこに、
お客様側から見た「自社の評価」があり、

 

そこに、
お客様側から見た「自社の強み」があります。
(実際に選ばれていますので!)

 

お客様が来てくださって、買ってくださって、
お店(ビジネス)は成り立ちます。

 

お客様に直接聞いてみることで、
「思わぬ自社の強み」の発見がよくあります。

 

ぜひ、自社の商品・サービスの強みを
言語化するヒントとして、活用してみてくださいね。


・自社の強みを明確にしていきたい方

・自社の強みを言語化していきたい方

・自社の強みを活かして売上を上げたい方

の参考になれば幸いです。