売れるチラシの作り方の教科書

本ブログでは、売れるチラシの作り方の観点を中心ご紹介します。売上アップや集客力向上に繋げたい方や、理想のターゲットの見つけ方・成約率を上げるための対策 、独自の売りを発見する方法など、業績アップにつながる売れるチラシの作り方のヒントや着眼点を提供していきます。




今から始めるビジネスにつなげる読書法5つのポイント

読書とは、「読」んで、その本から行動することを「書」いて、

未来の行動に結び付けることで、はじめてビジネスにつながります。

今回は今から始めるビジネスにつなげる読書法の5つのポイントをご紹介します。

 

f:id:chirashiconsaru:20180905205753j:plain

まずこの本から何を学びたいのか、あるいは、今何が課題なのかを書き出す。


本に書いてある中身は一緒でも、当人の課題意識や置かれている立場によって、読み方(感じ方)は異なります。ですから、同じ本でも、「こんなこと書いてあったっけ?」と思うことがあると思います。まずは「今の課題は何か?」「どうなりたくて今から読むのか?」「この本から学びたいことは何か?」などを書き出してから、「読む準備」をしましょう。

 

 

ひとまず全部ページをめくることに集中する。


多くの方が、最初の1ページ目からじっくり、しっかり読もうとするので、なかなかページが進まない、あるいは、時間がある時に読もう!と本を読むことを「重く」考えてしまう傾向があります。まずは全ページ1秒~2秒の速さでページをめくりましょう。この「めくる」という感覚が大切です。しっくりこない方は「下見」だと思ってください。何となく、1回しか読めない、1回しか読まない、ページをめくったら後戻りできないと思うと、手が止まってしまうので、まずは「全体的に面白そうかな~」「自分の探しているキーワードはありそうかな~」「後で図も出てくるんだ~」程度で下見をしましょう。


次に気になるところへ、とりあえず付箋またはマーカー等で線を引く。

まずは前述させていただいた通り、全ページを「めくり」切ったら、再度、1ページ目からめくっていきましょう。パッと見て、気になるところ、何となく気になったところに付箋やマーカー等を引いておきましょう。読むのではなく、今、自分が必要としている言葉を探すといったイメージです。なかなか難しい方は、各ページの見出し・タイトル・太字だけでも結構です。その中から、今の自分に必要そうだと思うところに付箋やマーカーを引いておきましょう。事前に読む準備をしていると、脳が勝手に指令を出しているので、願望に比例してあなたの眼(心)に入ってきます。


次に付箋・マーカーの部分だけ読む。


次に、前述させていただいた付箋やマーカーの部分をじっくり読みましょう。内容がよく理解できないようでしたら、前後を少し見返してみましょう。そこで気になるところがあれば箇条書きにメモしておきましょう。ここでのポイントは知識を覚えようとするのではなく、気になる言葉を書き出して重複させておくということです。脳は重複することにより、重要なことであると認識し、あなたの既知(既に知っている言葉や知識)と未知(知らなかった言葉や知識)の化学反応がおき、結果として今のあなたに必要な最新で最適なインストール型の思考回路が形成されていきます。

 

この本から学んだことで「何を行動するのか」を決める。


読書の目的は、「覚えること」ではなく「行動する」ためのきっかけを創り出すことです。読書の目的は、「明日からの行動」です。本を読んで「本気」になりましょう。元をとるとは行動することです。ですので、本に書いてある内容をまとめたり、覚えようとするのではなく(大事なことではありますが)この1冊から「何を行動するのか」を書き出してください。ひとつでも結構です。行動に結びつけていきましょう。とは言っても、なかなか行動できない方は、まず「その行動」に関することを人に話してみましょう。相手に話すことで、あなたの思考回路が整理されます。さらには、ただ単に話すだけでなく、相手に「その行動」に対する質問をしてみましょう。相手に質問することにより、自分にはなかった発想や新たな気づきがなどが調和し、「あなた自身」が「あなた自身の行動」に対する理解が深まっていきます。ぜひご参考にして、取り組んでみてください。