売れるチラシの作り方の教科書

本ブログでは、売れるチラシの作り方の観点を中心ご紹介します。売上アップや集客力向上に繋げたい方や、理想のターゲットの見つけ方・成約率を上げるための対策 、独自の売りを発見する方法など、業績アップにつながる売れるチラシの作り方のヒントや着眼点を提供していきます。




求人広告の作り方のポイント

現在、人手不足が懸念されておりますが、あなたのお店は大丈夫ですか?

今回はそんな不安を解消するための、求人広告の作り方のポイントをご紹介します。

 

f:id:chirashiconsaru:20180907231343j:plain

 

 

1.今回の募集はどんな人材に来てほしいかを記載する。


基本的に広告は書いた通りの人が来ますので、例えば「手に職をつけたい方へ」や

「身体を動かすことが好きな方へ」など、あなたが今回の採用募集において欲しい・

理想像となる人材を指名してください。

 


2.自社に入社すると、どんな職場環境が待っているのか?また求職者にとってのメリットを記載する。

 

例えば「お客様に喜ばれながら稼げる」や

「あなたのスキルも上げられるので将来に役立つ」など、

実際に入社するとどのような体験やメリットが待っているのか?を記載してください。

 

3.社長または担当者のあいさつや採用背景を記載する。


今回の募集に至った背景(例:業務拡大につき等)や理念・意気込みなどを

記載するようにしてください。

先に説明することで、あなたの会社の理念や考え方に共感した方だけが

訪れるようになりますので、侮れない要素になります。

 

4.求職者にとっての3つを目安にメリットを記載する。


実際に募集を呼びかけるということは、

求職者におすすめする理由が(例えば福利厚生面など)あるとおもいますので、

代表的なものを3つほど記載するようにしてください。


求職者は就職するということより、

就職後の生活イメージが湧けば湧くほど、応募しやすくなります。

 

5.募集内容を記載する。


一般的な勤務形態や賃金体系等、可能な範囲で記載しておきましょう。

またフロント商品として、説明会や1日体験などをオファー(募集内容)に

することも一考です。


6.採用に関するQ&Aを記載する。


例えば、未経験でも大丈夫ですか?もし採用された場合、いつから働けますか?

など求職者の不安を事前に解消するようにしましょう。

 

7.お申し込み方法を記載する。


お電話・メール・履歴書の提出方法など、わかりやすく記載しておきましょう。
また履歴書の方は予め自社で作成しておき、郵送・またはダウンロードして

いただく方式にすると自社(あなた)が聞きたいことが、

事前に記載されて届くので、選考ポイントが事前にわかるようになります。


8.基本情報を記載する。


主に、


・会社概要(住所・電話番号・ホームページのURL等)
・応募受付時間
・担当者名


など、記載するようにしてください。

 

また求職者はチラシを見て決めるというより、

ホームページでどんな雰囲気の会社か?どんな先輩スタッフがいるのか?

など確認しに来るので、ホームページの方も、しっかり整備しておきましょう。