売れるチラシの作り方の教科書

本ブログでは、売れるチラシの作り方の観点を中心ご紹介します。売上アップや集客力向上に繋げたい方や、理想のターゲットの見つけ方・成約率を上げるための対策 、独自の売りを発見する方法など、業績アップにつながる売れるチラシの作り方のヒントや着眼点を提供していきます。




ヨガチラシの作り方(教室参加者募集チラシの作り方)

ヨガ教室の集客にお困りではありませんか?

もし集客に困っている、毎回波がある、新規のお客様が増えない、

など該当するようでしたら、そのままスクールして読んでみてください。

 

f:id:chirashiconsaru:20180909211817j:plain

 

1.まずはターゲットを記載しましょう。


あなたが一番喜ばせることのできる人は誰か?
どんな悩みや欲求・期待を持っている人に来てほしいのか?
まずは対象者を明確にしましょう。


例えば、「最近運動不足が気になる方へ」や「最近お腹周りが気になる方へ」など、

日常の中での「お困りごと」を記載するようにしてください。
別の言い方をすると、お客さんは「ヨガ」がしたいのではなく、

「ヨガ」から得られる効果やベネフィット(メリット)を手にいれたいと

考えていますので、注意してください。

 

2.次にあなたのヨガ教室に参加すると、どうなれるのかを記載しましょう。

最初に「〇〇でお困りの方へ」と伝えていますので、

あなたのレッスンに参加すると参加者(チラシを見ている人)は、

どうなれるのかを記載しましょう。

 

例えば、

自分のペースでお腹周りを引き締められる!〇〇ヨガ教室に参加してみませんか?

など、到達点+商品・サービス名といったイメージで考えてみてください。

 

3.次にレッスン風景がわかる写真を3枚記載しましょう。

初めてヨガに参加しようかと迷っている方は、どんな先生が教えてくれるのか、

どんなレッスン模様なのか、どんな雰囲気なのか?など確認したいと思っています。

ですので、写真3枚の左側に指導している様子2枚目にはレッスンの様子、

3枚目には先生(あなた)の写真を入れておきましょう。

その他、写真の下に文字(キャプション)を入れて写真の補足をしておきましょう。

写真の下の補足文章は、「写真からわからないこと」や「参加者様の声」を

記載すると臨場感が芽生え、実際に参加すると、どんな体験が待っているのか?

といったイメージを与えることができます。

例えば、露天風呂の写真があれば、

「ぬるめの湯温でゆっくり景色が眺められます」

「おかげさまで、体重計に乗るのが楽しみになりました」など、

写真からわからない臨場感を伝えるようにしてください。

 

その他に、先生の(あなた)簡単なプロフィールや、

参加者の声を記載しておくのも効果的ですので、

内容に応じて使い分けてください。


4.次にあなたのレッスンをおすすめする理由を記載しましょう。

あなたのレッスンの特長やポイント、見込まれる効果など3つほど記載してください。
特にヨガは地域にもよりますが、多方面で教室が開催されているので、

しっかり差別化するようにしてください。

よくわからないようでしたら、あなたのこだわりを書いていただき、

そのこだわりは参加者にとってメリットがあるのか?

お金を払ってでもそのこだわりが欲しいか?という視点で確認してみてください。

 

5.ヨガ教室の詳細は記載しましょう。

ここは特に難しく考える必要はありませんが、

日程や会場、参加費・定員など記載しておきましょう。

 

6.初めて参加する方の目線になって不安を解消しておきましょう。


例えば、駐車場はあるのか?ヨガマットのレンタルはあるのか?(無料か?)

キャンセルはいつまでできるのか?初めてでもついていけるか?

お試し体験など気軽に試せるサービスはあるのか?など、

Q&A形式で代表的な項目を2つ程度記載しておきましょう。

チラシのスペース上、少し字が多く見えるよう

(字が多いから読まないということはありませんが)に感じる方は、

ブログやホームページで事前に不安を解消できるようにしておいてください。

 

7.あなたのヨガ教室の参加申し込み方法を記載しましょう。


電話・メール・LINE・メッセージ・お問い合わせフォームなど、

あなたのヨガ教室に申し込む方法を記載するようにしてください。

特に、お問い合わせフォームなどは、必要最低限の項目にするだけでも、

反応率は上がりますので、なるべく入力に手間がかからないように

工夫してみてください。

 

8.ヨガ教室(あなたの会社・主催者)の基本的な情報を記載しましょう。

住所・電話番号・メールアドレス・ホームページのURLなど、

基本的な連絡先・主催者情報等を記載しておきましょう。

電話でお申し込みの場合は、電話番号は通常の4~6倍の大きさで

記載することで反応率が上がります。


以上、ヨガ教室募集チラシについて解説いたしました。
ぜひあなただけのオリジナルチラシを作成してみてくださいね。