売れるチラシの作り方の教科書

本ブログでは、売れるチラシの作り方の観点を中心ご紹介します。売上アップや集客力向上に繋げたい方や、理想のターゲットの見つけ方・成約率を上げるための対策 、独自の売りを発見する方法など、業績アップにつながる売れるチラシの作り方のヒントや着眼点を提供していきます。




新規顧客の獲得方法を念のため確認してみる

今回は、

・今年はビジネスの仕組みを整えたいとお考えの方

・今年は営業戦略の仕組みを整えたいとお考えの方
・今年は情報発信の仕組みを整えたいとご検討中の方

の参考になれば幸いです。

 

f:id:chirashiconsaru:20190907080702j:plain

 

 

 


新規顧客の獲得方法を念のため確認してみる。

 

今現在、あなたは、
「新規顧客の獲得」を目指すために、
 新たに何か取り組むことはありますか?

 

「新規顧客の獲得」を原始的に考えますと、

・新規顧客の獲得=あなたが選ばれた状態
・あなたが選ばれた状態=新規顧客の獲得

といったイメージになるかと思います。

 

ですので、
「新規顧客の獲得」=「選ばれる」とした場合、

・「選ばれる」には、
  信頼していただく必要がある。

       ↓

・「信頼される」には、
  共感していただく必要がある。

       ↓

・「共感される」には、
  情報発信が必要になる。

といったイメージなります。

 

ですので、商品サービスの内容にもよりますが、
基本的には「情報発信」が重要になってきます。

ここまではよろしいでしょうか!?

 

情報発信が大事なのは、
わかってるんだけどな・・


何から手をつけたらいいのかな・・という方は、

■まず、

・コミュニケーション媒体
(主につながりをつくるためのメディア)
→例:FacebookInstagram

 

・プル媒体
(主に専門的な情報提供等による信頼構築のメディア)
→例:ブログ・HP・YouTube・アンカー等

 

・プッシュ媒体
(主にお客様との関係性の構築のメディア)
→例:メルマガ・ニュースレター等

といった3つの媒体がバランスよく備えてあるか?
確認してみてください。

 

■その他に、

・リアルにおける情報提供の機会
(例:現場見学会・試飲会等)

・非リアルにおける情報提供の機会
(上記の3つの媒体をご参考に)

 

・機能的な価値提供の機会(専門性がわかる情報)

・情緒的な価値提供の機会(人間性がわかる情報)

 

など、自分メディアとして、
または、情報発信事業部として
位置づけ・イメージしていただき、

まずは全体像を整理してみてください。

 

ですので、例えば、
メルマガを行うとした場合、

・プッシュ媒体
・非リアル
・機能的価値
・毎週月曜日10時配信

といったように、

今取り組まれている情報発信はどのような提供スタイルなのか?


現在不足している提供スタイルはないか?など、

・コミュニケーション
・プル
・プッシュ
・リアル
・非リアル
・機能的価値
・情緒的価値

といったキーワードを参考に、
明日以降にて結構ですので、
確認してみてください。

 

一度全体像を確認してみますと、
「あっ!」というような
新たな気づきが意外とありますよ☆

ということで、今回は、

「新規顧客の獲得方法を念のため確認してみる」

についてご紹介させていただきました。

 

今回も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

・今年はビジネスの仕組みを整えたい
 とお考えの方

・今年は営業戦略の仕組みを整えたい
 とお考えの方
 
・今年は情報発信の仕組みを整えたい
 とご検討中の方

の参考になれば幸いです。