売れるチラシの作り方の教科書

本ブログでは、売れるチラシの作り方の観点を中心ご紹介します。売上アップや集客力向上に繋げたい方や、理想のターゲットの見つけ方・成約率を上げるための対策 、独自の売りを発見する方法など、業績アップにつながる売れるチラシの作り方のヒントや着眼点を提供していきます。




それは、例えば主語を変えてみる。

今回は新たな着想を創出するヒントとして、
「主語を変えてみる」という観点をご紹介いたします。

 

f:id:chirashiconsaru:20200407093658j:plain

 

例えば、

 

・「仕事」に人をつけるのではなく、
 「人」に仕事をつけると考える。

 

・「やりたいこと」は探すのではなく、
 「応援したい人」を探すと考える。

 

・なぜ「リピートしなかった」のだろか?ではなく、
・なぜ「リピートしてくださった」のか?と考える。

 

・「外に出にくい状況」ではなく、
・「中でやりやすい状況」と考え、
  今だからこそ、何かできることはないか?と考える。

 

・「この商品・サービスは!」ではなく、
 「この商品・サービスを使ったあなたは!」と考える。

 

・「通常モード」の商品サービスの提供ではなく、
 「緊急モード」の商品・サービスの提供として考える。

 

など、やや強引な部分もあるかと思いますが、
「主語」を変えて考えてみることで、
新たな発想や思わぬ盲点に気づくことがあります。

 

お忙しいと思いますが、こういう時だからこそ、
よろしければ着想のヒントとしてご活用ください。

 

ということで、今回は、
「それは、例えば主語を変えてみる」
についてご紹介させていただきました。

 

今回も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

何か1つでも参考になっていれば幸いです。