売れるチラシの作り方の教科書

本ブログでは、売れるチラシの作り方の観点を中心ご紹介します。売上アップや集客力向上に繋げたい方や、理想のターゲットの見つけ方・成約率を上げるための対策 、独自の売りを発見する方法など、業績アップにつながる売れるチラシの作り方のヒントや着眼点を提供していきます。




ビジネスマッチングや異業種交流会で抑えておきたい営業戦略の3つのポイント

今回は、今後開催されるビジネスマッチングや
異業種交流会に参加・来場される際に、
営業ツールを作成・配布される機会が
生じやすいかと思いますので、


「ビジネスマッチングや異業種交流会で
 抑えておきたい営業戦略の3つのポイント」

についてご紹介いたします。

 

・ビジネスマッチングや異業種交流会などで、
 営業力を高めていきたいとお考えの方 

 

・現在の販促物を見直し、
 ビジネスマッチングや異業種交流会などで、
 集客力を高めていきたいとお考えの方

 

・現在の情報発信を見直し、
 ビジネスマッチングや異業種交流会などで、
 集客力を高めていきたいとお考えの方

の参考になれば幸いです。

 

f:id:chirashiconsaru:20190924060232j:plain

 

1.そのお名刺の方は、「名刺を受け取る側のメリット」が、
   わかりやすく掲載されていますか?

 

基本的にビジネスマッチングですと、
当日は関係者も含め、多くの方が来場されます。

あなたのお名刺は、そのような背景の中で、
相手の印象や記憶に残るように作成されていますか?

 

誤解を恐れず申しますと、

・字が大きい
・色が派手
・特殊なデザイン

といった見た目のことではなく、
(一過性のものになります)

名刺を受け取った側からすると、
自社(自分)にメリットがあるかどうか?
というところが、印象であり、記憶に残り、
別名「インパクト」となります。

 

ですので、
ズバリ!誰のどんなお役に立てるのか?
どんな「不」を解消する商品やサービスなのか?

 

「名刺交換」は名刺そのものを
 交換するのではなく、
「価値と価値を交換するもの」ですので、
よろしければ、確認してみてください。
(次回コンタクトをとる理由にも繋がります☆)

2.チラシやパンフレット等の内容は、

 お客様が主語になっていますか?

本サイトでも何度か、
触れさせていただいておりますが、

 

「この商品は!」
「このサービスは!」

 

ではなく、

 

「この商品を使ったあなたは!」
「このサービスを利用するとあなたは!」

といった主語がお客様になっているか?

大変しつこくて申し訳ございませんが、

 

・主人公が誰か?

 

今一度、確認してみてください。

また補足として、BtoBであれば、


基本的には、相手の方の、

 

・売上アップ
・経費節約
・生産性向上

 

のお手伝い、

その他、BtoCを含めますと、

 

・不満
・不安
・不快
・不調
・不便
・不備
・不具合

など「不」を解消する内容であるか?
度々恐れ入ますが、確認してみてください。


3.ホームページの方は、しっかり整っていますか?

基本的に、チラシ・名刺・パンフレット等で、
あなたの商品・サービスに興味・関心を
持った方は、ほぼ例外なく、信頼しても大丈夫か?
という心理的な流れもあり(特に新規の場合)
念のためあなたのホームページを
確認しに訪れる傾向にあります。

 

そろそろ長くなってきましたので、
ここでのポイントを簡潔に申しますと、

・ホームページはございますか?


(決して無いのが悪いわけではありませんが、
 ホームページが無しと有りとでは
 相手が受ける印象は異なってきています)

 

・新着情報は更新されていますか?


 かなり昔の日付のままですと、
「動いているように見えない」傾向がございます。

できれば参加される前には、
相手が受ける印象が異なってきますので、
メンテナンスされた方が良いかと思います。

・当日配布したチラシの商品・サービス内容の
 詳細等、ホームページに記載されていますか?
 


 または、その内容はTOPページにあるなど、
 初めてあなたのホームページを訪れる方でも、
 わかりやすく配置されていますか?

 

せっかくチラシ等でアピールしても、
詳細等がホームページに掲載されていないと、
またはホームページの中で見つけにくいと

 

「どこに書いてあるかわからないし
 また今度でいいかな」

 

と機会損失を生んでしまうことがあります。

 

月末ということで、さらにお忙しいとは思いますが、
よろしければレイアウトや導線等確認してみてください。

 

ということで、今回は、

今後開催されるビジネスマッチングや
異業種交流会に参加・来場される際に、
営業ツールを作成・配布される機会が
生じやすいかと思いますので、

 

「ビジネスマッチングや異業種交流会で
 抑えておきたい営業戦略の3つのポイント」

についてご紹介いたしました。

今回も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

・ビジネスマッチングや異業種交流会などで、
 営業力を高めていきたいとお考えの方

 

・現在の販促物を見直し、
 ビジネスマッチングや異業種交流会などで、
 集客力を高めていきたいとお考えの方

 

・現在の情報発信を見直し、
 ビジネスマッチングや異業種交流会などで、
 集客力を高めていきたいとお考えの方

の参考になれば幸いです。

 

 

家庭教師チラシのポイント(Q&A編)

今回は家庭教師のチラシのヒントをQ&A方式にてご紹介いたします。

これから、チラシやパンフレット、またはホームページのQ&Aを

作る方のご参考になれば幸いです。

 

f:id:chirashiconsaru:20190907080702j:plain

 

家庭教師について、お客様が知りたいことを考える。


Q:家庭教師って実際にどれくらいの費用がかかるの?

あなたの回答→

 

Q:体験授業の日は選べますか?

あなたの回答→

 

Q:家庭教師の方の送迎は必要ですか?

あなたの回答→


Q:家庭教師の方がお見えになった際に、食事やお茶は出した方がいいですか?

あなたの回答→

 

Q:授業料とは別に、教材など購入するものはありますか?

あなたの回答→


Q:もし仮に途中で解約や退会した場合、違約金などありますか?

あなたの回答→

 

Q:もし都合により授業が受けれない場合は、振替はできますか?

あなたの回答→

 

Q:うちには勉強部屋がないのですが、大丈夫ですか?

あなたの回答→


Q:不登校でも大丈夫ですか?

あなたの回答→

 

Q:母子家庭なのですが、何か割引制度などありますか?

あなたの回答→


Q:2人同時に指導や兄弟など同時に入会した場合の特典などはありますか?

あなたの回答→

 

Q:学校のテスト前に集中コースのようなプランはありますか?
あなたの回答→

もちろん、その他にもありますが、

ぜひQ&A方式を活用して、整理整頓してみてください。

 

 

 

集客力を高めるための3つのヒント(感情をベースに考える編)

今回は、最近、「なかなか集客の反応がよくない」といった
ご相談が増えてきておりますので、

集客力を高めるための3つのヒント(感情をベースに考える編)
についてご紹介いたします。

 

・現在の集客方法を見直し、
 できることなら、集客力を高めていきたいとお考えの方

・現在の集客方法のどこを見直せばよいのか?
 とご検討中の方

・せっかくなので、新規客からの
 お問い合わせを増やしていきたいとお考えの方 
の参考になれば幸いです。

 

f:id:chirashiconsaru:20190904073115j:plain

 

 人間の感情をベースに考える。

例えば、お客様が(見込み客が)
「今日の夜はどこに飲みにいこうかな~」
と考えていたとします。

 

基本的に、お客様は、

【1】目につくものから見渡す。
(ん~どこか良いところないかな~)

 

【2】思い出す。
(ん~そういえば友達が言ってたところはどこだっけな~)

 

【3】調べる。
(ん~しょうがないネットで検索するか~)

 

といった行動手順(ステップ)を踏んでいきます。

 

ということは、

【1】目につくものから見渡す。
(ん~どこか良いところないかな~)

例→看板やのぼり・A型看板を検討する
  または場所によっては、
  駐車場を降りてから、
  考えはじめるので、
  駐車場付近に看板を検討する。

 

【2】思い出す。
(ん~そういえば友達が言っていたところはどこだっけな~)

例→記憶に残りやすいギャップを
  言語化(キャッチコピー化)しておく。
(ギャップがある方が長期記憶に残りやすい)
(例)2000Kカロリーまで料理無料の居酒屋


【3】調べる。
(ん~しょうがないネットで検索するか~)

例→ネットで検索(狙いたいキーワード)
  されたときに、上位表示できるよう
  対策しておく。

 

といった簡単な例ではありますが、
「講じることが出来る手段」が予測できます。


ということで、


あなたの商品・サービスは、

 

【1】目につくものから見渡す。
【2】思い出す。
【3】調べる。

 

といった行動手順(ステップ)に対して、
それぞれ対策できていますか!?

 

基本的に人間は、「めんどくさい」という感情がありますので、

まず、

 

【1】目につくものから見渡す(探す)
を最優先する傾向があります。

ですので、お忙しいとは思いますが、
せっかくの機会ですので、【1】だけでも結構ですので、
ぜひ一度振り返ってみてくださいね☆

ということで、


今回は、

集客力を高めるための3つのヒント(感情をベースに考える編)
についてご紹介いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

・現在の集客方法を見直し、
 できることなら、集客力を高めていきたいとお考えの方

 

・現在の集客方法のどこを見直せばよいのか?
 とご検討中の方

 

・せっかくなので、新規客からの
 お問い合わせを増やしていきたいとお考えの方 

の参考になれば幸いです。