売れるチラシの作り方の教科書

チラシの効果的な作り方やリーフレットのデザイン・フライヤーのレイアウトなどの作成方法、新聞折込・ポスティングチラシの配り方など、集客につながる営業戦略のノウハウをご紹介しています。




それは第三者視点で考える

今回は、
「それは第三者視点で考える」
についてご紹介いたします。

 

Third-party evaluation

 

 


それは第三者視点で考える。

 

既にご存知かと思いますが、
人には「損失回避思考」という本能があります。

 

簡単に申しますと、
人間には「損をしたくない」という思考が
備わっているということですね。

 

別の表現をしますと、
「騙されないぞ」といった思考が
備わっているということですね。

 

ということで、
そのような「本能背景」をもとに、
冷静に「別の角度」から見ますと、

 

通常、広告においては、
自分(自社)の商品やサービス等の
宣伝告知等が主体かと思います。

 

ということは、

 

その広告を見たお客様は、

 

・自社に有利なように書いてあるのではないか?

 

と疑いたくなる本能が作動するということですね。

 

あなたも、似たような経験はありませんか!?

 

これは「人間の本能」ですので、
ある意味仕方ないことかと思いますが、、

 

---------------------------
では、どうすれば良いのか

---------------------------

 

色々と方法はありますが、
せっかくここまでお読みいただいておりますので、
今回は「第三者の視点」という
観点で考えてみてください。

 

もちろん、個人差や関係性によって
異なると思いますが、

 

「第三者の発言」を使うと信頼性が増し、
お客様はその訴求内容等を心理的に、
受け入れやすくなります。

 

つまり、

「自社の言葉」で言うよりも、
「第三者の言葉」を引用したほうが、

相手の疑いを取り除き、
自社の主張が説得力あるものに
変換できるということですね。

 

例えば、
アメリカの心理学者・レス・ギブリン氏の
著書にも事例等が紹介されていますが、

 

もし自分の車を100万円で売りに出し、
買い手がその金額に異議をとなえたら、
どういえば成立しやすくなるか?を考えてみる。

 

■自分(自社)の言葉
・私は100万円が適正価格だと確信しています。

 

■第三者の言葉
・中古車の情報誌には、
 この車が100万円で掲載されていますし、
 中古車センターでは、
 これより程度の悪い車が118万円で売られています。

 

もう1つ。

 

もし自分の家を2,000万円で売りたいが、
買い手は1,700万円しか出さないという見解であれば、
どう言えば成立しやすくなるのか?を考える。

 

■自分(自社)の言葉

・この家と同じぐらいの他の家を
 入念に調べましたが、
 これは妥当な価格です。

 

■第三者の言葉
・2週間前にこの家を査定してもらったところ、
 2,000万円を超えていました。

 

あなたは、
どちらが、妥当性があるように聞こえますか!?

 

もちろん、
商品・サービスの内容にもよると思いますが、

 

・今の名刺
・今のチラシ
・今のホームページ
・今の会社案内
・今のパンフレット

 

の見直しやご確認、

 

・今のブログ
・今のYoutube
・今のFacebook

 

などのSNS系の情報発信方法等の
見直し・ご確認等をしていただくと、
新たな気づきや発見等もあるかと思いますよ☆

 

もし仮に、

 

・売上がイマイチ伸びていかない・・
・自社の商品・サービスの良さがなかなか伝わらない・・

 

という方は、

 

「自社の言葉」ではなく、
「第三者の言葉」で表現できないか?できているか?

 

など、チェックしてみてください☆

 

ということで、

今回は、
「それは第三者視点で考える」
についてご紹介いたしました。

 

今回も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

何か1つでも参考になっていれば幸いです。

 

それは両面提示で考える

今回は、
「それは両面提示で考える」
についてご紹介いたします。

 

f:id:chirashiconsaru:20200715082422j:plain

 

 


それは両面提示で考える。

 

一般にどんな商品・サービスにも、
「長所=メリット」がありますが、

 

一方で、「短所=デメリット」
も必ずあると思います。

 

この際にお客さまに、
商品・サービスについて説明する際に、

 

「メリットだけ」を
強調することを片面提示、

 

「メリットとデメリットの両方」を
伝えることを両面提示と言います。

 

あなたは、どちらが主流ですか!?


例えば、お客さまにご案内する際に、

 

「このプランはとてもリーズナブルです」

というのが片面提示で、

 

「このプランは平日限定ではありますが、
 その分とてもリーズナブルです」

 

というのが両面提示です。

 

もう1つ。例えば、

 

「このパソコンは軽くて充電も長いので
 外で作業する方には便利です」

 

「このパソコンは白タイプか黒のタイプの
 シンプルなデザインにはなりますが、
 その分、軽くて充電も長いので
 外で作業する方には便利です」

 

といったイメージです。

 

もちろん、個人差はありますが、
一般に「両面提示」の方が、
信頼してもらえる傾向にあります。

 

言いにくいデメリットも
説明してくれるからこそ
「信頼できる」といったイメージですね。

 

逆に、メリットだけを話す
営業マンをイメージしてみてください。
(何となく不安になりませんか・・)

 

また、両面提示の場合は、


基本的に「デメリット」を先に
伝えるようにしてください。
いわゆる「後良し言葉」ですね。

 

「こういうデメリットはありますが、
 このような大きなメリットがあります」

 

といった流れで伝えるといったイメージです。

 

あなたのチラシやホームページ等、
どちらのタイプが主力になっていますか!?

 

一度確認していただくことで、
新たな気づきや発見もあるかと思います☆

 

ということで、

今回は、
「それは両面提示で考える」
についてご紹介いたします。

 

今回も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

何か1つでも参考になっていれば幸いです。

 

 

その行動は符号効果から考える

今回は、
「その行動は符号効果から考える」
についてご紹介いたします。

 

 Sign effect

 

 

その行動は符号効果から考える。

 

既にご存知の方も多いかと思いますが、
人の行動心理に関与する「符号効果」
という観点があります。

 

有名な事例ですと、

例えば、

 

・「100万円を1年後に失う」

 

と言われたときと、

 

・「100万円を1年後にもらえる」

 

といわれた時では、

 

あなたは、
どちらの方が衝撃が
大きく感じますか?

 

もちろん個人の価値観は様々ですが、
一般的には、

 

・1年後にもらえる100万円の金額よりも、
 100万円を1年後に失うと言われたときの方が、
 そのままの金額が「目に見える」感じがする

 

という傾向が明らかになっています。


つまり、別の言い方をすると、

 

・「得な方」は大きく割引できますが、
・「損の方」は割り引けない。

 

といった傾向にあるということですね。

 

伝わってますか!?

 

例えば、

「明日からダイエット」という方は、
「得すること」に向かっていくので、

「いつでも割引がきく」と考える傾向にあるため、
 先送りや後回しの思考になりやすく、
 結果として太ってしまう傾向にありますが、

 

「太ると損をする」という観点で考える方は、
「割引がきかない」ことから、 

 太らないように意識が向くため、
 結果として自制が効く傾向にあります。

 

つまり、符号効果とは、


同じ内容でも、

 

・「損」という感情・観点から入るか
・「得」という感情・観点から入るか

 

の視点で、割引率(自制力)が
違ってくるということですね。

 

例えば、この符号効果を活用して
下記のWEB媒体を考えてみてください。

 

■ブログ
・やった方がいいと思う
・やらないと損すると思う

 

Youtube
・やった方がいいと思う
・やらないと損すると思う

 

■メルマガ
・やった方がいいと思う
・やらないと損すると思う

 

■ホームページ
・あった方がいいと思う
・ないと損すると思う

 

など、よろしければ
符号効果でチェックしてみてください。

「やった方がいいと思う」の項目は
意外とまだ先送りだったりして・・

 

もしそのような傾向でしたら、
この機会に捉え方を変えてみるのも

一考かと思います☆

 

ということで、

今回は、
「その行動は符号効果から考える」
についてご紹介いたします。

 

今回も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

何か1つでも参考になっていれば幸いです。

 

f:id:chirashiconsaru:20190518152305p:plain