売れるチラシの作り方の教科書

本ブログでは、売れるチラシの作り方の観点を中心ご紹介します。売上アップや集客力向上に繋げたい方や、理想のターゲットの見つけ方・成約率を上げるための対策 、独自の売りを発見する方法など、業績アップにつながる売れるチラシの作り方のヒントや着眼点を提供していきます。




集客力を高めるための3つのヒント(感情をベースに考える編)

今回は、最近、「なかなか集客の反応がよくない」といった
ご相談が増えてきておりますので、

集客力を高めるための3つのヒント(感情をベースに考える編)
についてご紹介いたします。

 

・現在の集客方法を見直し、
 できることなら、集客力を高めていきたいとお考えの方

・現在の集客方法のどこを見直せばよいのか?
 とご検討中の方

・せっかくなので、新規客からの
 お問い合わせを増やしていきたいとお考えの方 
の参考になれば幸いです。

 

f:id:chirashiconsaru:20190904073115j:plain

 

 人間の感情をベースに考える。

例えば、お客様が(見込み客が)
「今日の夜はどこに飲みにいこうかな~」
と考えていたとします。

 

基本的に、お客様は、

【1】目につくものから見渡す。
(ん~どこか良いところないかな~)

 

【2】思い出す。
(ん~そういえば友達が言ってたところはどこだっけな~)

 

【3】調べる。
(ん~しょうがないネットで検索するか~)

 

といった行動手順(ステップ)を踏んでいきます。

 

ということは、

【1】目につくものから見渡す。
(ん~どこか良いところないかな~)

例→看板やのぼり・A型看板を検討する
  または場所によっては、
  駐車場を降りてから、
  考えはじめるので、
  駐車場付近に看板を検討する。

 

【2】思い出す。
(ん~そういえば友達が言っていたところはどこだっけな~)

例→記憶に残りやすいギャップを
  言語化(キャッチコピー化)しておく。
(ギャップがある方が長期記憶に残りやすい)
(例)2000Kカロリーまで料理無料の居酒屋


【3】調べる。
(ん~しょうがないネットで検索するか~)

例→ネットで検索(狙いたいキーワード)
  されたときに、上位表示できるよう
  対策しておく。

 

といった簡単な例ではありますが、
「講じることが出来る手段」が予測できます。


ということで、


あなたの商品・サービスは、

 

【1】目につくものから見渡す。
【2】思い出す。
【3】調べる。

 

といった行動手順(ステップ)に対して、
それぞれ対策できていますか!?

 

基本的に人間は、「めんどくさい」という感情がありますので、

まず、

 

【1】目につくものから見渡す(探す)
を最優先する傾向があります。

ですので、お忙しいとは思いますが、
せっかくの機会ですので、【1】だけでも結構ですので、
ぜひ一度振り返ってみてくださいね☆

ということで、


今回は、

集客力を高めるための3つのヒント(感情をベースに考える編)
についてご紹介いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

・現在の集客方法を見直し、
 できることなら、集客力を高めていきたいとお考えの方

 

・現在の集客方法のどこを見直せばよいのか?
 とご検討中の方

 

・せっかくなので、新規客からの
 お問い合わせを増やしていきたいとお考えの方 

の参考になれば幸いです。

 

情景描写をベースに考える集客のヒント

今回は、最近、

「なかなか集客の反応がよくない」といった
ご相談が増えてきておりますので、
「情景描写をベースに考える集客のヒント」
についてご紹介いたします。

 

・現在の集客方法を見直し、
 できることなら、集客力を高めていきたいとお考えの方

 

・現在の集客方法のどこを見直せばよいのか?
 とご検討中の方

 

・せっかくなので、新規客からの
 お問い合わせを増やしていきたいとお考えの方 

 

の参考になれば幸いです。

 

f:id:chirashiconsaru:20190903065400j:plain

 

 

情景描写をベースに考える集客のヒント(居酒屋編)

例えば、お客様が(見込み客が)
「今週の金曜日はボーナスも出るし、

  どこに飲みにいこうかな~」
と考えていたとします。

 

そして、お客様が(見込み客が)
「せっかくだから、広い個室がいいな~」
と考えていて「静岡駅 居酒屋 個室」
で検索しているとします。

 

そして、
Aさんのお店は広々とした
個室が売りだったとします。

 

ですので、「静岡駅 居酒屋 個室」で
検索された場合、上位表示されているので、
HPをクリックされたとします。

 

ここまではよろしいでしょうか!?

何となく大丈夫そうですね。
それでは、お忙しいと思いますので進めますね。


ここでのポイントはお客様から見て、

・広い個室がいいな~
    ↓
・広い個室だな~

とまず感じてもらうことです。

 

また、その背景には、

・週末だし、個室でゆっくり、
気の合う仲間とお話をしたいな~

と考えているとします。

 

とすると、
Aさんの居酒屋は、
どうアピールしておいた方がいいのか?

 

もちろん考え方は様々ですが、
今回はタイトルにもあります
「情景描写」を意識してみてください。

 

情景描写?

 

具体的には、
広々とした個室です!として、

 

・個室を→個室の写真

 

で掲載しておくのではなく、

 

・個室を→実際に4人で座っている写真

 

にすることで、お客様から見ると

 

・お~この写真、4人座っているけど確かに広そうだな~
 これなら荷物が多くても迷惑にならなそうだな~

 

・お~広い個室じゃん!いいね~ココ!
 とGさんに言ってもらえそうだな~

 

などと、自己投影できるので、
イメージが湧きやすくなります。

 

別の言い方をすると、Aさんの居酒屋に行くと
どうなれるのか?どのように過ごせそうか?

 

といったイメージが湧きますので、
これなら当日は失敗しないだろうと
判断され、選ばれやすくなります。

 

あなたのチラシやパンフレット、
ホームページはいかがですか!?

お客様から見て自己投影できていますか?

 

意外とこの情景描写を意識して改善するだけで、
成果が出ている方も少なくありませんので、
ぜひチェックしてみてくださいね。

 

ということで、
今回は、情景描写をベースに考える集客のヒント(居酒屋編)
についてご紹介いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

・現在の集客方法を見直し、
 できることなら、集客力を高めていきたいとお考えの方

 

・現在の集客方法のどこを見直せばよいのか?とご検討中の方

 

・せっかくなので、新規客からの

 お問い合わせを増やしていきたいとお考えの方 

 

の参考になれば幸いです。

 

売上の源泉となる 「喜び」から考える

今回は、原始的ではありますが、
人間社会の原点、売上の源泉となる
「喜び」をテーマにご紹介いたします。

 

・現在の営業戦略を見直し、
 できることなら、集客力を高めていきたいとお考えの方

 

・現在の接客方法を見直し、
 できることなら集客力を高めていきたいとお考えの方

 

・現在の情報発信を見直し、
 できることなら集客力を高めていきたいとお考えの方

 

の参考になれば幸いです。

 

 

f:id:chirashiconsaru:20190902222859j:plain

「喜び」から入ってみる。

一般に、

 

・もっと売上を上げるにはどうしたら良いですか?

 

といったご質問をよくいただきますが、

 

・もっとお客さんを喜ばせるにはどうしたらいいですか?

 

といったご質問をいただくことは、ほとんどありません。

 

もちろん、ビジネスを行う上で、
売上目標など「売上」が主体となるのは、
当然のことではありますが、


お忙しいとは思いますが、

せっかくの機会ですので、売上の源泉となる

 

・お客さまの「喜び」
・お客さまの「笑顔」

 

から入って考えてみてください。

 

例えば、

 

・売上10%アップ!を考えるのではなく、
 喜び10%アップ!を考える。

 

・今月は売上目標より、
 今月の喜び目標を考えてみる。

 

・前年売上比より、前年喜び比。

 

このような「原始的」ではありますが、

 

・「売上の源泉」=「喜び」
・「売上の源泉」=「笑顔」

・「笑顔」=「売上の源泉」
・「喜び」=「売上の源泉」

 

から考えていただくと、自社が主体ではなく、
お客さんが主体の発想やアイデアが出やすくなります。

 

売上は「喜びの結果」として、
捉えるてみることで、
また新たな気づきもあるかと思います.

 

ということで、今回は、
売上の源泉となる「喜び」をテーマにご紹介いたしました。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

・現在の営業戦略を見直し、
 できることなら、集客力を高めていきたいとお考えの方

 

・現在の接客方法を見直し、
 できることなら集客力を高めていきたいとお考えの方

 

・現在の情報発信を見直し、
 できることなら集客力を高めていきたいとお考えの方

 

の参考になれば幸いです。