売れるチラシの作り方の教科書

本ブログでは、売れるチラシの作り方の観点を中心ご紹介します。売上アップや集客力向上に繋げたい方や、理想のターゲットの見つけ方・成約率を上げるための対策 、独自の売りを発見する方法など、業績アップにつながる売れるチラシの作り方のヒントや着眼点を提供していきます。




伝え方から考える売上アップのヒント

今回は、最近、「なかなか売上に繋がらない」といった
ご相談が増えてきておりますので、

「伝え方から考える売上アップのヒント」
ご紹介いたします。

 

・現在の伝え方を見直し、
 できることなら、集客力を高めていきたいとお考えの方

 

・現在の伝え方のどこを
 見直せばよいのか?とご検討中の方

 

・せっかくなので、売上に繋がる接客を
 目指していきたいとお考えの方 

 

の参考になれば幸いです。

 

 

f:id:chirashiconsaru:20190831065153j:plain

 

 

「よく売れています」より、「私も使っています」。

一般に量販店さんなど行くと、
「よく売れています!!!」などの
チラシやPOPなど見かけますが、
実際に、あなたはそれを見て、
「お~!それなら!!」と思われますか?

 

もちろん、

 

・よく売れているなら大丈夫だろう

 

といった安心感や所属感はあると思いますが、
「よく売れているから」だけでは、
購入後のイメージ(メリット)がわかないので、
「ん~これでいいのかな・・」
といった感情になることも少なくありません。

 

この購入後のイメージ・・
ここがポイントなります。

そこで、今回は、
「私も使っています!」という観点で
チラシやPOP・接客等で紹介してみてください。

 

・「よく売れています!」
→買う前の状態(Before)を伝えている状態

 

・「私も使っています!」
→買う前と買った後の状態(Before&After)を伝えられる状態

 

お客さんが知りたいのは、
その商品・サービスを買った後に、
どうなれるか?どう良くなるのか?です。

 

「よく売れています!」は、
誰でも言えてしまう言葉ですが、

「私も使っています!」は、
文字通り、私しかいえない言葉です。

 

使ったからこそ、

 

・わかる言葉(メリット・デメリット)
・言える言葉(使用感・生活感)
・言い切れる言葉(このような方におすすめ)

 

などがあるはずです。

 

お客さんはその言葉によって、
購入後の未来を描くことができます。

 

もちろん全てを使うことは、
難しいと思いますので、
実際に購入された方の感想など、
Afterを可能な範囲で見えるように
してみてください。

 

チラシでしたら、商品写真の下に、
実際の感想を一部で結構ですので、
含めてみてください。

 

【例】
■上品な香りが漂う金目の煮つけ
------------------------------------------

 金目鯛の煮つけのアップ写真

------------------------------------------
じっくり煮込んだ秘伝のタレ。
「口の中でとろけます」。


【例】
■巻物(当店オリジナル)
---------------------------------------------

当店オリジナル巻物のアップ写真

---------------------------------------------
「トロの濃厚さ・いくらのプチプチ感、
ウニの香りがスッ~と抜けていく」
逸品です。

 

など、実際の感想(食感など)
を入れていくイメージです。

 

ぜひお客さんに、
「購入後のイメージ」がわかるよう、

別の言い方をしますと、
「買ってください」ではなく
「買ったらこうなります」といった
お客さんを主語に捉えた形で、
考えてみてくださいね。

 

ということで、今回は、
「伝え方から考える売上アップのヒント」
についてご紹介いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

・現在の伝え方を見直し、
 できることなら、集客力を高めていきたいとお考えの方

 

・現在の伝え方のどこを
 見直せばよいのか?とご検討中の方

 

・せっかくなので、売上に繋がる接客を
 目指していきたいとお考えの方 

 

の参考になれば幸いです。