売れるチラシの作り方の教科書

本ブログでは、売れるチラシの作り方の観点を中心ご紹介します。売上アップや集客力向上に繋げたい方や、理想のターゲットの見つけ方・成約率を上げるための対策 、独自の売りを発見する方法など、業績アップにつながる売れるチラシの作り方のヒントや着眼点を提供していきます。




自宅エステサロンで売上を上げるチラシの作り方 5つのポイント

最近、売上に波があると悩んでいませんか?今回は自宅エステサロンで売上を上げるためチラシの作り方についてご紹介します。モノを売らずにコト(メリット)を提供するといった視点で、考えてみましょう。

f:id:chirashiconsaru:20181018204801j:plain

 

 

1.予約方法に表記に注意しましょう。


よく「完全予約制」とありますが、「完全」という表現はお店側の目線による表現ですので、「事前予約制」など、お客様に向けて柔らかい表現にしておきましょう。

2.料金を明確にしておきましょう。


よく60分「5,800円」など記載されていますが、内税なのか、外税なのか、はっきり記載しておきましょう。1つ1つに記載が難しいようでしたら、チラシのスペース内の「全て税込み価格です」「税抜き価格です」など、一文を入れておきましょう。

3.あなたの情報を記載しておきましょう。


チラシには施術メニューだけでなく、「誰が施術するのか?」といった視点にも注目しています。ですので、顔写真・プロフィール・経歴・実績・意気込みなど、まずはお客様へ可能な範囲にて自己開示しておきましょう。

4.お客様が気になることを事前に解消しておきましょう。


例えば、施術中に他の方に見られたくないので大丈夫か?化粧品など無理に勧められたりしないか?など、初めてあなたのサロンを利用する方ほど、不安を感じています。ですので、実際によく聞かれることをQ&A形式やキャプションなどで事前に記載しておきましょう。

5.図や表・グラフ・写真などで効果を示しておきましょう。


例えば、なぜあなたのサロン・施術では高い効果が提供できるのか?文字だけでなく、例えば、他と比べて成分が多いのであれば棒グラフで表現するなど、図や表・写真など「ビジュアル」でわかるようにできないか?考えてみてください。

 

以上、自宅エステサロンで売上を上げるためチラシの作り方5つのポイントについてご紹介しました。もちろん、「施術」のタイミングはお客様によって様々なため、今すぐに必要ではない方もいらっしゃいますので、右上に「保存版」などを記載して、何かあったときの一番店(お客様の頭の中の検索順位1位)といった認知度アップも含めて検討してみてくださいね。