売れるチラシの作り方の教科書

本ブログでは、売れるチラシの作り方の観点を中心ご紹介します。売上アップや集客力向上に繋げたい方や、理想のターゲットの見つけ方・成約率を上げるための対策 、独自の売りを発見する方法など、業績アップにつながる売れるチラシの作り方のヒントや着眼点を提供していきます。




今後の営業戦略の在り方のヒント

今回は、今後の営業戦略の在り方のヒントについてご紹介いたします。

 

・現在の営業戦略を見直し、

 できることなら、集客力を高めていきたいとお考えの方

 

・現在の接客方法を見直し、

 できることなら、集客力を高めていきたいとお考えの方

 

・現在の情報発信を見直し、

 できることなら、集客力を高めていきたいとお考えの方

 

の参考になれば幸いです。

 

f:id:chirashiconsaru:20200327084101j:plain

「商品づくりより、関係性づくり」。

現在も厳しい経済環境の中で
ますます「シビア」になってきますね。

 

今後より一層、お客様が選ぶ時代になり、
今後より一層、お客様から選ばれる時代

になると思います。

 

別の言い方をしますと、あなたに、

 

・共感できるか
・信頼できるか

 

という「感情的価値」を優先する時代になってきます。

※商品・サービスの質「機能的価値」は、
 各社一定の水準に達しているため

 

ですので、極端な話、関係性に比例して、
商品が売れていく時代ということですね。

 

・まず先に関係性があって、
 その中で商品が売れる。

 

・逆に言えば、関係性がなければ、
 モノやサービスは売れにくくなる。

 

ということですね。

 

※あなたは、少し高いけど、
・知っている人だから、
・信頼できる人だから、
 買った経験はございませんか!?

例えば、現在のトレンドでもあるSNSの活用。

 

ところで、それは、

「何のために」発信されていますか?
「誰のために」発信されていますか?
「その発信で」感情的なつながりはありそうですか?
「その発信で」信頼関係が構築できそうですか?

 

※もちろん、個人的にSNSを楽しむ分には、
 全く問題ないと思いますが、
 ビジネスでの活用という観点で

 

ぜひ、今後のためにも、あえて、

・「売上を上げる」=「商品づくり」

ではなく、

・「売上を上げる」=「関係性づくり」

といった観点を意識してみてください。

 

本気の方ほど、新たな気づきや発想が
湧いてくると思いますよ☆

 

ということで、今回は、
「今後の営業戦略の在り方のヒント」

についてご紹介いたしました。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

・現在の営業戦略を見直し、
 できることなら、集客力を高めていきたいとお考えの方

・現在の接客方法を見直し、
 できることなら集客力を高めていきたいとお考えの方

・現在の情報発信を見直し、
 できることなら集客力を高めていきたいとお考えの方

の参考になれば幸いです。