売れるチラシの作り方の教科書

本ブログでは、売れるチラシの作り方の観点を中心ご紹介します。売上アップや集客力向上に繋げたい方や、理想のターゲットの見つけ方・成約率を上げるための対策 、独自の売りを発見する方法など、業績アップにつながる売れるチラシの作り方のヒントや着眼点を提供していきます。




チラシのデザインを作成にする前に押さえておきたい6つの思考フレーム集

最近、売上に波があると悩んでいませんか?今回はチラシを作成する前に押さえておきたい6つの思考フレーム集についてご紹介します。チラシ戦略のご参考になれば幸いです。

f:id:chirashiconsaru:20181021184234j:plain

 

 


1.商品戦略


まず、「何を売るのか」「何を提供するのか」を確認しておきましょう。


具体的には、

・あなたの商品やサービス、またはお店が売っている、提供している「価値」は何か?
・お客様はそれにより何を手にすることができますか?
・それはお客様が欲しがっているものですか?
・または、それはお客様がお金を払ってでも「解決したい」と思っているものですか?
・あなたの商品やサービスは競合他社様の商品・サービスより優れていますか?

といった観点でまず自問自答していただき、自社の商品・サービスの価値や良さを整理してみてください。


2.顧客戦略


次に「誰に売るのか」「誰に提供するのか」を考えてみてください。


具体的には、「その商品・サービスを欲しがっている人」はどのような人か?
不の悩みや、満たしたい欲求などから考えてみてください。

 

3.エリア戦略


次に「どこに売るのか」「どこに提供するのか」を考えてみてください。


上記で決まった「人」はどこにいるのか?

基本的に人間は自宅か会社にいるのが普通ですが、

その人がどこにいるのかを、今一度確認してみてください。

 

4.価格戦略


次に「いくらで売るのか」「いくらで提供するのか」といった観点で考えてください。

具体的には、


・その商品やサービスの「価値」はいくらか?
・その「価値」=「価格」は市場の相場と比較して競争力があるか?
・同じ価格帯で似たような商品・サービスはあるか?

といった観点で、商品の価値(価格)を俯瞰し、優位性を確認してみてください。

 

5.集客戦略


次に、「どうやって売るのか」「どうやって提供するのか」「どうやって届けるのか」といった観点で考えてみてください。


具体的には、上記で決めた「人」にどのような方法で、自社の商品やサービスの価値を伝えているか?おおよそ、1ヶ月に「何人の方」に伝えているか?実際に伝えた方から何人の反応があったか?といった観点で、整理してみてください。

 

6.継続戦略


最後に、「どうやって継続していただくか」といった観点で考えてみてください。

 

ご存知の通り、売上構成の基本は顧客数×単価×継続回数(リピート数)です。

・あなたの商品やサービスを購入してくださった方をどうやってリピーターにしようとしているのか?

・フォロー体制などの仕組みはあるのか?

・おおよそ、お客様は平均何カ月、商品やサービスを継続購入しているのか?ください

といったLTV(ライフタイムバリュー)の視点でも考えておきましょう。

以上、チラシを作成する前に押さえておきたい思考フレーム集についてご紹介しました。自社の商品・サービスの良さをベースに、誰に・何を・どうやって・いくらで、など整理することで、一貫性のあるチラシのデザインになります。