売れるチラシの作り方の教科書

本ブログでは、売れるチラシの作り方の観点を中心ご紹介します。売上アップや集客力向上に繋げたい方や、理想のターゲットの見つけ方・成約率を上げるための対策 、独自の売りを発見する方法など、業績アップにつながる売れるチラシの作り方のヒントや着眼点を提供していきます。




販促チラシを作る前に考えておきたいポイント

売上を上げたい、新規顧客を増やしたいから、ただ単にチラシを作ろう、

チラシを配ろうと思っても、なかなか思うような成果が出にくいのが現状です。

そこで、販促チラシを作る前に考えておきたいポイントについてご紹介します。

 

f:id:chirashiconsaru:20180910224009j:plain

 

お客さんは誰になりますか?


これが最も重要になります。お客さんは誰なのか?
例えば、「〇〇で困っている〇〇の人」といったような、あなたのお客さんを定義してみてください。

 

商品は何になりますか?

あなたの商品サービスはどんな解決方法や利便性の向上を売っていますか?
お客さんはそのモノやサービスが直接的に欲しいのではなく、
そのモノやサービスから得られるメリット(ベネフィット)が欲しいと思っています。ですので、お客さんが購入するとどうなれるのか?ここを明確にしておきましょう。

 

お客さんはどうして、それを選ぶのでしょうか?


おそらく、あなたの商品・サービスには類似商品や競合店の存在があると思います。
そのような比較・検討される中で、

なぜあなたの商品・サービスを買ってくれているのか?
なぜあなたの商品・サービスを選んでくれているのか?

ここが独自の強みにもなりますので、事前に明確にしておきましょう。

以上、販促チラシをいきなり作る前に、

まずは上記の3つをしっかり整理・言語化できるようにしてみてくださいね。