売れるチラシの作り方の教科書

本ブログでは、売れるチラシの作り方の観点を中心ご紹介します。売上アップや集客力向上に繋げたい方や、理想のターゲットの見つけ方・成約率を上げるための対策 、独自の売りを発見する方法など、業績アップにつながる売れるチラシの作り方のヒントや着眼点を提供していきます。




2019年GW10連休を考える3つの着眼点(販促のヒント)

ところで、これをお読みのあなたは、
今年のGWはどのようにお過ごしになりますか!?

・通常営業
・変則営業
・通常休業
・変則休業
・検討中

などなど。

ご存知の通り、今年はGWが10連休となり、
色々な角度から注目を集めていますね。

 

・今年のGWは10連休だし、どうしようかご検討中の方

・今年のGWは10連休だし、営業しようかご検討中の方

・今年のGWは10連休だし、お休みしようかご検討中の方 

の参考になれば幸いです。

 2019年GW10連休を考える3つの着眼点(販促のヒント)

 

商業界2019年3月号を参考に私見を交えて、
「今年のGW10連休を考える3つの着眼点」
という形で箇条書き風にしますと、

■着眼点その1

・平成最後の〇〇キャンペーン
・〇〇元年初売りセール
・〇〇の記念バージョン(モノ)
・〇〇の限定バージョン(モノ)
・〇〇の記念イベント(体験)
・〇〇の限定イベント(体験)
・カウントダウンライブ
・子どもを対象にした体験イベント
(成長体験・思い出づくり)
・自撮り用記念看板の設置
・テイクアウト商品の対応
・海外旅行
カップル旅行
・旅行穴場

など、特需系の売上増加に向けた
施策等が注目されていますね。


■着眼点その2

また一方で、

・スタッフの確保
→休暇・シフトの問題・・

・両替
→基本的に金融機関さんも10連休ということで・・

・ATM
→特にGW前日はものすごい行列になることも・・

・宅配
→変則的な営業になるようですので注意が必要・・

・システム管理
元号改正等・・

など、逆に「10連休」だけに、
事前に対応策をイメージしておく
必要がありますね。

そして、今回の大型連休は
夏休みやお正月の大型連休と異なり、
賞与・ボーナスなどが無いため、

・GW後の買い控え対策

を検討してしておく必要がありますね。


■着眼点その3

ということで、どちらにしても
活発的な連休が予測されますので、

・活発的な連休=検索回数

の方も、事前の下調べも含め、
スマホを中心に検索する回数が多くなってきます。

ですので、

Googleマイビジネスに登録しておく(店舗型の方)
(GW前に知ってもらえている存在になる)

・ホームページの内容等を点検・改善しておく
(GW期間中の営業案内やイベント告知等)

・検索キーワードを意識したブログを書いておく

・限定ものであれば、先行予約を開始しておく

・GW〇〇セットを用意しておく

など、可能な範囲で結構ですので、
今のうちに準備しておきましょう。

GW中にご来店いただければ、
基本的にテンション高めかと思いますので、
お客さんの言葉で、
SNS等にアップされる可能性が高まります。

どこも混雑する傾向がありますので、
さらに待ち時間を活かした投稿が増えそうですね~

今年のGWはどうされますか!?

 

ということで、
「今年のGW10連休を考える3つの着眼点」
という形で箇条書き風にしてみました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

・今年のGWは10連休だし、どうしようかご検討中の方

・今年のGWは10連休だし、営業しようかご検討中の方

・今年のGWは10連休だし、お休みしようかご検討中の方 

の参考になれば幸いです。